Home > 国産小麦 > ユメシホウ情報

ユメシホウ情報

先日無事刈り入れが終わった安部農園さん。

今頃は麦を乾燥機にかけている(もしかして終わっているかも)みたいですが、
先日電話で

「ユメシホウも全粒粉にしたらいいんじゃない?」という話で、意見が一致。

何でかって言うと、
・麦の美味しさを最も味わえるのが皮の内側、だから皮ごと挽いてしまえばいい。
・歩留まりがいい(言い換えればふすまなどは捨てるのももったいない)。

 後者の件、結構農家の人にしてみれば、重要なことで、普通、小麦は製粉すると7割程
 度になる、ただでさえ収量の悪い小麦は、だから敬遠する農家の人が多いのだそうです。
 
でも、全粒粉で売ることが出来れば、小麦農家としてもやっていけるんじゃぁないだろうか、ていうところがすごく大切な気がしているので、
うちとしては、ぜひともこのユメシホウ全粒粉は使っていって、これからユメシホウなどを
作る農家の人が増えてくれればいいなぁ、なんて思っているわけです。



それと、つくばの研究所の知人から、面白い情報がありました。

栃木で奨励品種になっているパン向小麦「東山42号」。
これがとても美味しいパンが出来るらしいんです。

で、栃木の製粉会社さんで扱いがあるみたいで、クレッセントが取引している問屋さんがユメシホウの取り扱いで、この製粉会社と取引が始まるらしいので、
うちでも間もなく「東山42号」を手に入れることが出来そうなのです。

これまた楽しみです。

これは日清製粉「レジャンデール」70%、ユメシホウ30%のレトロバゲット

知人は「東山でレトロバゲットを作ってほしい」といっていたので
早く試してみたいものです。

それにしても、栃木は小麦に熱心なんだなぁとつくづく思います。
東山などはあっというまに奨励品種になったんじゃないだろうか、
茨城はいまだに小麦で奨励品種がないそうです。
ユメシホウもなるまでに3,4年かかってしまう・・・なんて話を以前聞いているので
何なんだろう~ですねぇ。


Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://cressent.main.jp/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=37
Listed below are links to weblogs that reference
ユメシホウ情報 from 美味しいパンと焼き菓子の店 クレッセント
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > 国産小麦 > ユメシホウ情報

Search
Feeds

Page Top